岡山の注文住宅から新築一戸建て、土地分譲ならオークラホーム岡山へ。

オークラホームの住まい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
認定低炭素住宅

認定低炭素住宅5つの特長※認定低炭素住宅は所管行政庁の認定制度です。

  • 一次消費
    エネルギー量の削減
  • 高効率換気による
    クリーンな室内空間
  • 高気密高断熱による
    室内温度の一定化
  • 税制の優遇
  • 結露やカビの抑制

認定低炭素住宅イメージ図

認定低炭素住宅イメージ図
「認定低炭素住宅」では一次消費エネルギー※量マイナス10%を目標に掲げた認定基準が設けられています。 例えば、高気密高断熱の仕様や節水型設備、高効率な給湯器の採用など、従来の住宅に比べて経済的な仕様でなければなりません。室内温度の一定化や紫外線や結露に強い複層ガラスの採用などで、1年通じて快適な住空間を実現します。 低炭素住宅認定制度に基づいて施工された家は、必然的に光熱費を削減した省エネ性の高い住まいのため、家計の負担も減らします。「人と環境と暮らしにやさしい住宅」それが認定低炭素住宅です。

■ 認定低炭素住宅にすると、おトクな補助が受けられます!

1税制の優遇措置の適用が受けられます

■住宅ローン減税制度の拡充

住宅ローンの借入額に応じて所得税が控除されます。認定低炭素建築物においては、一般の住宅に比べてこの控除額が大きくなります。(表1)

2【フラット35】Sの適用が受けられます

住宅ローン【フラット35】において、一定期間、借入金利を引き下げる【フラット35】S(金利Aプラン/当初10年間0.3%引き下げ)の適用を受けることができます。(表2)

■ 認定炭素住宅とは?

従来の断熱性が高い省エネルギー住宅に、CO2の排出を抑える設備を備えた低炭素住宅。 2013年4月に施行された省エネルギー基準よりも10%削減できると、国から認定が受けられます。

  • 低炭素認定住宅
  • ゼロ・エネルギー住宅
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+