岡山の注文住宅から新築一戸建て、土地分譲ならオークラホーム岡山へ。

オークラホームの住まい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

選べる工法

在来軸組工法

ハイブリット在来工法
伝統の工法に現代の技術をプラス

設計自由度が比較的高めな在来軸組工法の意匠性に、木造枠組壁工法(2×4)の特徴である、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性を兼ね備えた工法です。

意匠的に魅せ、安心・安全な住まいを実現する
‘ハイブリット在来工法‘

木造軸組工法(在来工法)は、梁見せ等の意匠的な部分の魅力はもちろん、将来のライフワークに合わせた間取りの変更が比較的容易なのがメリットとして挙げられます。
外周に構造用耐力面材(ボノパン)を施工する【ハイブリット在来工法】により、強さと美しさを兼ね備えた住まいづくりが実現しました。

novopan STP Ⅱとは

novopan STPⅡ は、国土交通大臣認定を取得した9mm厚パーティクルボードの構造用耐力面材です。 novopan STP Ⅱ は9mm厚で、木造軸組工法(在来工法)、枠組壁工法(2×4工法)耐力壁の国土交通大臣認定を取得した構造用面材です。ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆、廃木材・未利用木材を主原料としたエコ商品です。

  • パーティクルボードは構造用面材に求められるせん断剛性が、合板に比べ2倍以上。地震・台風に強い家を作ることができます。
  • 耐水性を大幅に向上させたため、降雨などによる水漏れを起こしても木口の膨張はほとんど起こりません。
地震・台風に強い

novopan STPⅡを用いることで、より高い耐震性を得ることができます。

novopan STP Ⅱ 特長
地震台風に強い!最大倍率4.7倍

novopan STPⅡ は、国土交通大臣認定を取得した9mm厚パーティクルボードの構造用耐力面材

パーティクルボードは耐力面材に求められる、せん断性能が優れています。そのため、novopan STP Ⅱは木造軸組工法(大壁)で2.9倍、枠組壁工法で4.7倍という高い壁倍率を取得。パーティクルボードの特性を活かすことで、地震や台風に強い家をつくることができます。

  木造軸組工法 枠組壁工法
novopan STPⅡ 2.9倍 3.0倍 4.7倍
構造用合板 2.5倍 3.0倍
OSB 2.5倍 3.0倍
筋かい
(45×90mm以上)
2.0倍  
筋かい耐力壁と面材耐力壁の違い
せん断剛性は合板の2倍以上
地球に優しいエコ商品

novopan STPⅡ は、廃木材・未利用木材を主原料としたリサイクル商品です。

ホルムアルデヒド対策

非ホルムアルデヒド系接着剤を使用しているので、安心してお使いいただくことができます。
(ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆)

長期優良住宅
※東京を想定した場合、極めて稀に(数百年に一度)発生する力は震度6強から震度7に相当
項目 認定基準 novopan STPⅡ
耐震性 極めてまれに発生する地震※による力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度 novopan STP Ⅱは壁倍率が高い為、壁量の確保が容易になります
劣化対策 通常想定される条件で3世代(概ね75年~90年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている 通気層を設けた構造に、外壁下地としてnovopan STP Ⅱを使用し、防腐・防蟻薬剤処理が施されていることが条件になります。
雨漏れに強い

耐水性を大幅に向上させたため、降雨などによる水濡れを起こしても木口の膨張はほとんど起こりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+